• 2020/05/20

    信用保証対象業種の変更について

     令和2年5月15日付けで信用保証対象業種が変更になりました。

     今般の新型コロナウイルス感染症の影響拡大を考慮し、従前、信用保証対象外であった業種について一部取扱いが可能となりました。変更については以下のとおりです。

     

    (1)風俗営業に係る飲食業等について

        「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」(昭和23年法律第122号。以下

      「風営法」という。)第3第1項(風俗営業の許可)の適用を受ける接待飲食業等営業の保証取

      扱いが可能となりました(ただし、公序良俗に反するなど社会的に批判を受けるおそれのある

      ものは除く。)。また、取扱いにおいて風俗営業に係る許可の確認等が必要になります。

       なお、性風俗関連特殊営業(風営法第2条第5項)については従前どおり支援対象外となり

      ます。

    (2)場外車券・馬券・舟券売場、競走馬等について

       競輪・競馬等の競走場、競技団、場外馬券売場、場外車券売場、競輪・競馬等予想業等につ

      いて保証取扱いが可能となりました。

    (3)パチンコホールについて

       ぱちんこ屋(パチンコ、パチスロ)、パチンコに準ずるもの(景品交換所(景品を買い取

      り、他の事業者へ販売する事業者を含む。)又は貸し玉若しくはコインとの交換により飲み物

      等を提供する事業者等)について保証取扱いが可能となりました。

    (4)その他

       興信所(専ら個人の身元、身上、素行、思想調査等を行うものに限る。)、易断所、観相

      業、相場案内場(けい線屋)、芸ぎ業(置屋及び検番を除く。)、芸ぎ周旋業について保証取

      扱いが可能となりました。