不動産担保によらず、流動資産(売掛債権、棚卸資産)を
活用して資金調達をしたい!

社債(私募債)を発行して資金調達を図りたい!

在庫や取引先に対して有する売掛債権を担保として活用して、
不動産担保によらない資金調達をサポートします。

保証制度名 流動資産担保保証(ABL保証)
保証対象者 事業者に対する売掛債権、または棚卸資産を有する中小企業者の方
(※棚卸資産を担保とする場合は法人に限る)
借入限度額 2億5,000万円
(※80%の部分保証)
保証期間 根保証:1年間
個別保証:1年以内(※売掛債権を担保とする場合のみ)
資金使途 事業を実施するために必要な運転・設備資金
借入利率 金融機関所定利率
保証料率 0.68%
担保 申込人の有する売掛債権、または棚卸資産
連帯保証人 原則として法人代表者のみ

一定要件(適債基準)に該当する企業が発行する私募債に対して保証することにより、
資金調達の多様化が図れます。厳しい適債基準を満たすことは、
「優良企業」であることの証となり、企業の社会的評価も高まります。

保証制度名 中小企業特定社債保証
保証対象者 直近の決算において、次の(1)から(3)の純資産総額のいずれかに該当し、①または②のいずれか1項目および③または④のいずれか1項目に該当する法人(「会社」に限る)

借入限度額 5億6,000万円
(※80%の部分保証)
保証期間 2年~7年
資金使途 事業を実施するために必要な運転・設備資金
借入利率 金融機関所定利率
保証料率 0.45%~1.90%
担保 現像として保証金額が2億円を超える場合は担保が必要
連帯保証人 共同保証人以外は不要